ジルテックは、1998年に第一三共株式会社によって開発・販売された抗ヒスタミン薬のひとつです。
ハウスダストなどで起きる通年性のアレルギー性鼻炎や、花粉症で起きる季節性のアレルギー性鼻炎を抑える効果がある抗ヒスタミン薬の中でも、特に効き目の強い薬品として知られています。
花粉症の他に、じんましんや湿疹によるかゆみにも有効な薬でもあります。

ジルテックに含まれている成分であるセチリジン塩酸塩が、アレルギー症状を抑える働きを持ちます。
花粉やハウスダストなどアレルギー症状を引き起こす元凶・アレルゲンが体内に侵入した時、これらを追い出そうとして起きる生体防御反応がくしゃみや咳といった事象ですが、これが過剰になった結果がアレルギー性鼻炎として出現します。
この時の過剰反応を示す物質、ヒスタミン受容体の活動をブロックするのがジルテックをはじめとする、抗ヒスタミン薬の役割です。

抗ヒスタミン薬の歴史は長く、ジルテックは第二世代と呼ばれる比較的新しい部類に属しています。
旧世代である第一世代の抗ヒスタミン薬と比べて、副作用である眠気や口の渇き、排尿障害などが緩和されているなど改良が加えられ、より優秀な製品となっているのが大きな特徴です。
これは、セチリジン塩酸塩がヒスタミン受容体に対して選択的な効き目を発揮し、余分な抗コリン作用が排除されている点が大きいとされています。
脂溶性が低く脳に入りにくいことも、眠気の副作用をやや軽減する結果に一役買っています。

ジルテックは即効性が高く、服用してすぐ効き目があります。
さらに、持続時間も長く24時間効果が続くため、1日1回服用している限り薬の効果が切れることはありません。
ただし、効き目が強い分副作用には十分注意する必要があります。
強い薬品には副作用がつきものであり、第一世代から改善が図られているとはいえ、セチリジンには眠気を誘うS体は残されたままであり、強い眠気を覚える可能性も高いからです。

高い効果を期待できるが、副作用の眠気も強いので注意

原則として、ジルテックは成人の場合は1日1回、10mg服用するのが一般的な用法です。
稀に、じんましんや発疹などの症状に対して2錠(20mg)の服用を医師に指示される場合がありますが、通常のアレルギー性鼻炎であれば、1日1回が通常です。
即効性が高く、花粉症の症状が出た後やアレルギーの元である食品を食べてじんましんが出た後に飲んでも効き目があるほど、大きな薬効を持ちます。

その分、副作用の眠気も強く出ることが多いです。
服用後にジルテックの血中濃度が最も高くなるのは、飲んでから1.4時間後とされており、丁度この時間に眠気はピークを迎えます。
薬の効果が半減するのは6~7時間後とされているため、日中に飲むのは避けましょう。
薬品の服用を推奨されている時間帯は、就寝前です。
就寝前に飲むことで、朝起きた時に眠気も消えているため効率よく薬効を得ることができるという仕組みです。

眠気の他に重い副作用はほとんどありませんが、服用期間が長くなる場合については、肝臓に障害が出る場合もあるため、定期的に肝機能検査を受ける方が良いとされています。
使用していて、ひどい倦怠感や吐き気、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状が現れた場合は、すみやかに医師に連絡してください。

脳の神経細胞に作用を及ぼす効果があるため、安定薬や睡眠薬、抗てんかん薬の飲み合わせには注意しましょう。
眠気やふらつきといった神経系の副作用が強まってしまう危険性があります。
別の薬を服用している場合は、抗ヒスタミン薬を処方してもらう前に必ず医師に報告してください。
この他、アルコールを摂取すると眠気の副作用が出やすくなります。
服用期間中の飲酒は、できるだけ控えるようにしましょう。